二次会景品の選び方

ビール結婚式をはじめ、クリスマスやハロウィン等の季節のイベント、年末年始の飲み会等には、二次会はつきものです。場所を変えて、楽しかった雰囲気そのままに、別の場所で再び開く二次会は、一次会の緊張がほぐれ、気心の知れた仲間たちとの楽しい時間を再び満喫できる自由さ、喜びがあり、時間を忘れてしまう人も少なくありません

その二次会を、更に盛り上げる演出をサポートするのが、ビンゴゲーム等で当たる景品ではないでしょうか。二次会景品代は、ほとんどの場合、参加費に含まれており、参加人数に合わせ、一人あたりの予算が決まります。例えば、参加費3000円とし、参加人数が30名だった場合、予算合計は90000円となります。その予算の中から、ドリンク、食事代を除かなければなりませんので、ゲーム等のイベントに使用できる金額は、一人あたり1000円前後でしょうか。

参加費を増やせば、参加者の負担が大きくなり、参加人数が減ってしまう恐れがありますので、負担にならない金額を設定し、その金額の中から、ゲームの景品を選ばなければなりません。ここが、幹事の腕の見せ所になります。どんなものでも嬉しいはずという幹事の一方的な思い込みは、通用しません。また、奇をてらった景品を選びがちですが、奇をてらった景品は、その場では盛り上がりますが、後で単なるゴミとなってしまっては、せっかくの二次会が寂しいものとなりますので、景品選びには、十分に注意して選ぶことをおすすめします。